School of Seven BellsのBenjamin Curtisが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

今年初めにT細胞性リンパ芽球性リンパ腫と診断され、その後闘病を続けていたSchool of Seven BellsのギタリストBenjamin Curtisが、今週29日の夜にニューヨークのMemorial Sloan-Kettering Cancer Centerで死去した。35歳だった。

Benjaminは1978年にオクラホマ州ロートンで産まれ、その後ダラスに移り、兄のBrandonも参加したUFOFUやSecret Machines、Tripping Daisyといった幾つものバンドで活動した。そして2007年にAlejandra DehezaとSchool of Seven Bellsを結成し、翌年の2008年にファースト・アルバム『Alpinisms』を発表。これまでに3枚のオリジナル・アルバムをリリースした。
彼の病気が公表されてからは、Paul BanksやDevendra Banhart、Albert Hammond Jr.を始めとする数多くのアーティストが彼を支援するためにチャリティ活動を行っていた。(via Exclaim.ca, Pitchfork)


Update: 誤字を訂正(20:51)



 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon