Flying LotusがMalik Vitthal監督の新作映画『Imperial Dreams』の音楽を担当

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

昨年末に突如リリースしたアウトテイク集『Ideas+drafts+loops』も大きな話題となったFlying Lotusが、映画音楽を手がけたことが明らかになった。

彼が音楽を担当したのはMalik Vitthal監督の新作『Imperial Dreams』。刑務所を出て自分の子供を探している28歳の作家の男が主人公の物語だそうだ。出演するのは2011年公開の映画『Attack the Block』でデビューしたJohn Boyegaやシンガー・ソングライターとしても活動するRotimi等。『Imperial Dreams』は今月16日からユタ州パークシティで開催されるSundance Film Festival 2014で上映される。(via Pitchfork)

Until the Quiet Comes [帯解説 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC350)
FLYING LOTUS フライング・ロータス
WARP RECORDS / BEAT RECORDS (2012-09-26)
売り上げランキング: 86,784

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon