Jonny GreenwoodがPaul Thomas Anderson監督の新作映画『Inherent Vice』の音楽を制作

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

RadioheadのギタリストJonny Greenwoodが、Paul Thomas Anderson監督の新作映画『Inherent Vice』の音楽を制作していることが明らかになった。JonnyがPaulの映画の音楽を担当するのは、2007年公開の『There Will Be Blood』、2012年公開の『The Master』に続いて3作目となる。映画『Inherent Vice』はThomas Pynchonによる同名の長編ノワール小説を原作とした作品で、Joanna Newsomが出演することも注目を集めている。

なお、既報のとおりJonnyはThe NationalBryce Dessnerとお互いの過去の作品を収録したスプリット・アルバムを3月にDeutsche GrammophonとUniversal Classicsからリリースすると発表している。Jonnyはこのアルバムに『There Will Be Blood』のサウンドトラックを提供している。(via Pitchfork, Stereogum)

St Carolyn By the Sea/Greenwood: Suite from
Bryce Dessner
Deutsche Grammophon (2014-03-04)
売り上げランキング: 1,315
There Will Be Blood
There Will Be Blood

posted with amazlet at 14.01.17
Nonesuch (2007-12-19)
売り上げランキング: 225,292

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon