Jack WhiteがNeil Youngのニュー・アルバムに参加

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

今週ハイレゾ音楽配信サービスPonoMusicの設立と、そのサービスを利用する為のオーディオ・プレイヤーPonoPlayerの発表を行い話題を集めたNeil Youngだが、彼のニュー・アルバム『A Letter Home』にJack Whiteが参加した2曲が含まれていることが明らかになった。
このアルバム『A Letter Home』は、ナッシュビルにあるJack White主宰のThird Man Recordsのスタジオでレコーディングされた。正確なリリース時期は未定だが、早ければこの春にもThrd Man Recordsからリリースされる。
本作にはNeil Youngに多大な影響を与えたという彼にとって大事な楽曲のカヴァーが収録される。彼は昨年Bert Janschの「The Needle of Death」をThird Man Recordsにある1947年製のVoice-o-Graphというレコーディング・ブースでレコーディングしており、本作にもこの音源が収録されるのではないかとみられる。今後アルバムの続報が入り次第追ってお伝えする。(via NME)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon