Sharon Van Ettenのニュー・アルバム『Are We There』から「Taking Chances」のリリック・ビデオが公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Sharon Van Ettenが5月にJagjaguwarからリリースするニュー・アルバム『Are We There』から、先日音源のみ公開されていた「Taking Chances」のリリック・ビデオが公開された。ディレクターはAlison Vuocolo-ChapmanとDavid Kessler。
本作は2012年発表の『Tramp』に続く通算4枚目のオリジナル・アルバム。彼女とStewart Lermanの共同プロデュースにより、ニュージャージー州ウィーホーケンのHobo Sound StudiosやニューヨークのElectric Lady Studioでレコーディングされた。ゲスト・ミュージシャンとしてTorres名義で活動するシンガー・ソングライターMackenzie ScottやLower DensのJana Hunterが参加している。

Sharon Van Etten – Are We There

Tracklist:
01. Afraid Of Nothing
02. Taking Chances
03. Your Love Is Killing Me
04. Our Love
05. Tarifa
06. I Love You But I’m Lost
07. You Know Me Well
08. Break Me
09. Nothing Will Change
10. I Know
11. Every Time The Sun Comes Up

Are We There
Are We There

posted with amazlet at 14.03.21
Sharon Van Etten
Hostess Entertainment (2014-05-27)
売り上げランキング: 48,962

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon