Frankie Knucklesが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ハウス・ミュージックの生みの親として知られるFrankie Knucklesが30日夜に亡くなった模様だと海外の主要メディアが先ほどから一斉に報じていたが、アメリカ中西部における主要紙であるChicago Tribuneも彼の死を報じた。59歳だった。死因については今後正式に発表される見込みだが、Complex等は彼の死因は2型糖尿病による合併症だとしている。

Frankie Knucklesは1955年1月18日にニューヨークで産まれ、10代の頃から盟友Larry LevanとDJとして活動を始める。そして1977年にFrankieはシカゴに移住し伝説的なクラブThe Warehouseで活躍。ハウス・ミュージックの生みの親として今日までに数えきれない程のファンとフォロワーを生み支持されてきた。(via Pitchfork, FACT Magazine, 5 Magazine, Complex)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon