Telefon Tel AvivのJoshua EustisがSons of Magdalene名義でニュー・アルバム『Move to Pain』を6月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

2009年にもう1人のメンバーだったCharles Cooperを不慮の事故で失ってから、現在まで1人でTelefon Tel Avivとして活動を続けてきたJoshua Eustisが、Sons of Magdalene名義でソロ・アルバム『Move to Pain』を6月24日にAudraglint labelからリリースする。Sons of Magdalene名義での作品は、2008年に100枚限定でリリースした『Ephemera』以来6年ぶり。この作品はCD-Rでのリリースだった。
ニュー・アルバム『Move to Pain』にはCharlesが亡くなる以前の2008年後半に制作され、CharlesがTelefon Tel Avivの次のアルバムに使いたがっていたという楽曲や、2009年から2010年の後半にかけて断続的に書いたという全9曲が収録される。
Joshuaは本作についてこれまでの自分の音楽キャリアの中で最もパーソナルな作品だとし、リリース後は再びTelefon Tel Avivとしての活動に専念すると語っている。(via XLR8R, telefontelaviv.com)

 

somart_040714

Sons of Magdalene – Move to Pain

Tracklist:
01. Hold On Hold Still For A Second
02. Bitter Soliloquy
03. The Whip
04. Move To Pain
05. A Strange Sound
06. Unfortunate Phone Call
07. O Death
08. Can’t Won’t Don’t Want To
09. Crows On The Eves Of My Father’s House

Immolate Yourself
Immolate Yourself (mp3)

posted with amazlet at 14.04.09
BPitch Control (2009-01-30)
売り上げランキング: 4,537

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon