world’s end girlfriendが3月11日に開催したフリー・ライヴ〈Song to the Siren〉の映像が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

world’s end girlfriendが3月11日(火)に開催したフリー・ライヴ〈Song to the Siren〉から「yes」のライヴ映像がVirgin Babylon RecordsのYouTubeチャンネルで公開された。

このライヴは、2月28日(金)から3月16日(日)にかけて東京芸術劇場のアトリエイースト/ウエストで展示されていた東日本大震災発生時、宮城県山元町で津波に流された写真を瓦礫の中から回収、洗浄をされたが持ち主の手元に戻らなかった約2000枚の写真を展示する企画展〈Moving Distance:2579枚の写真と11通の手紙〉の中で開催された。

当日は静かな曲のみが演奏され、ゲスト・シンガーとして湯川潮音も参加。彼女のニュー・アルバム『濡れない音符』から「笛吹きの少年」や「その日わたしは」が披露された。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon