Brian EnoとKarl Hydeのコラボ・アルバム『Someday World』のリハーサル・セッションの様子を撮影した映像が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

4月28日に日本先行リリースされたBrian EnoUnderworldKarl Hydeのコラボ・アルバム『Someday World』。彼らが今年3月にロンドンでおこなった本作のリハーサル・セッションの様子を撮影した映像がリリース元のWarp RecordsのYouTubeチャンネルで新たに公開された。セッションに参加しているのはEnoとHydeの2人に加えてFred GibsonやChris Vatalaro、Leo Abrahamsといったミュージシャン達。下記プレイヤーからその映像が視聴できる。
なお、『Someday World』は現在NPRで全曲フル試聴が期間限定で公開中。

私の知る素晴らしい街の多くは丘の上に築かれており、それらの街は美しい。なぜなら、そこに築かれる建造物には適応という“制約”が課せられるからだ。それらは、基盤となる地質学的条件に沿って造形されなければならない。そして、それにより常に極めて興味深い建造物が生まれることとなる。というのも、それらは整然とした区画にはなり得ず、環境に応じて何らかの変形を強いられるからだ。このアルバムで築き上げた“建造物”は、意図的に不規則で不均整なものに造られている。
私は、膨大な数の“原案”を放置したままにしており、何かがそれらに命を吹き込んでくれるのを待っていた。それらを単なる“実験”以上のものにしてくれる何かをね。その“何か”こそ、カール・ハイドだったんだ。
― Brian Eno

まるで9歳児に戻ったかのような気分さ。自分に与えられた状況を理解する間もなく、録音ボタンが押されていて、そこに自分が吹き込まれていくんだ。やがて、想像を超えるパターンが出来上がっていく。一番の驚きは、二人とも生演奏を基調にした反復音楽、つまりアフロビートが大好きだったということだ。ブライアンが初期のトラックを聴かせてくれた時には、思わず言ってしまったよ。『ああっ、まさにこれは僕の原点だ! ちょっとギターを借りてもいい?』と。
― Karl Hyde

(レーベル・プレス・リリースより引用)

 

Eno ・ Hyde – Someday World

Tracklist:
01. The Satellites
02. Daddy’s Car
03. A Man Wakes Up
04. Witness
05. Strip It Down
06. Mother Of A Dog
07. Who Rings The Bell
08. When I Built This World
09. To Us All―Bonus
10. Titian Bekh *国内盤1CDのみ収録

Bonus Disc

Tracklist:
01. Big Band Song
02. Brazil 3
03. Celebration
04. Titian Bekh

Someday World [デジパック+16ページ・ブックレット / ボーナストラック追加収録 / アーティスト本人による解説付 / 国内盤] (BRC414)
ENO • HYDE イーノ・ハイド
Warp Records / Beat Records (2014-04-28)
売り上げランキング: 15,916

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon