The GuardianがDJ Rashadの死因を足に発生した血栓に起因した合併症と報道

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

先日34歳の若さで急逝したDJ Rashadの死因が、彼の足に発生した血栓に起因する合併症によるものだとイギリスの大手メディアThe Guardianが報じた。当初警察は遺体発見現場の状況から、彼が薬物の過剰摂取により死亡した疑いが強いとしていた。The Guardianによると彼は以前から足の痛みを訴えていたという。

今回のThe Guardianの報道は、同誌がRashadの所属していたレーベルHyperdubにおこなった取材で明らかになったもので、Hyperdubはこの情報をRashadの従兄弟から聞いたとしている。
ただし、この記事の公開後にPitchforkが改めてHyperdubに独自に取材したところ、彼の従兄弟がHyperdubに語った情報は完全なものではないとRashadの母が語っているという。The Guardianもこの件についてより確実な情報が入り次第記事を更新するとしている。


Update: 本文に追記(10:50)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon