Kliph ScurlockがThe Flaming Lipsから脱退した経緯についてコメント

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

今年3月に突如The Flaming Lipsから脱退したドラマーのKliph Scurlock(上記写真の右から2番目)が、その経緯について説明し、彼がフロントマンのWayne Coyneによって解雇させられていたことが明らかになった。
Kliphによれば、解雇の理由は今年3月に物議を醸したある事件がきっかけとなっている。
それはWayne Coyneの友人であり、Pink Ponyというバンドで活動するChristina Fallinという女性が、今年3月に自身のInstagramにインディアンの羽飾りを付けた写真を掲載したところ、それが不適切だと多くの非難を浴び、写真を削除して謝罪したという事件。オクラホマ州はかつてインディアンが強制移住させられた土地。その厳しい移住の際には、チェロキー族という部族が4,000人亡くなる「涙の道」という悲劇も起きている。Christinaはそのオクラホマ州の現在の知事Mary Fallinの娘だった為、その行動がデリカシーが無いと強く非難されたのだ。

そして、その事件後にWayneは友人である彼女を擁護するように、自身のInstagramに羽飾りを付けた友人や犬の写真を掲載する等していたが、Christinaの行動と謝罪の態度を非難したKliphと強く対立した。そしてKliphはバンドから脱退させられることとなった。

しかし、2人の確執は以前からあったようだ。KliphがPitchforkに送った1万字に及ぶ長文の声明によると、彼は以前からWayneから物理的な脅威を含む言葉の虐待を延々と受けていたという。彼はバンドの音楽や、他のメンバーのSteven DrozdやMichael Ivins、Derek Brownを愛していたので、それを我慢していたとしている。
なお、そのStevenは、彼の今回の声明を受けて自身のTwitterでKliphの脱退の理由を”音楽的相違”と説明している。
WayneもTwitterで2枚の写真を投稿している。先に投稿された1枚は「憎しみを終わらることができるのは憎しみではなく愛だけ、それが永遠の真理だ」というブッダの教えが書かれたボトルのラベルを撮影したもので、もう1枚は「愚か者はナイフで人々を後ろから刺す。賢者はナイフで縄を切り、愚か者を自由の身にする」という格言だった。(via Pitchfork)

 
Update: KliphがTwitterでWayne Coyneに向けられてる非難に対しコメント。その内容は「念の為に。私はWayne Coyneを人種差別主義者だと非難したことはありません。人種差別的な行動をした友人を擁護したこと自体は人種差別ではない。Wayneは人種差別主義者ではありません」というものだった。(15:02)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon