Foo Fightersがニュー・アルバムを今秋にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Foo Fightersが2011年にリリースした『Wasting Light』に続く通算8枚目のオリジナル・アルバムを今年の秋にリリースする予定であることが明らかになった。
タイトル未定のニュー・アルバムのレコーディングは、シカゴ、オースティン、ナッシュビル、ロサンゼルス、シアトル、ニューオーリンズ、ワシントン、ニューヨークという8都市にある伝説的な8つのスタジオで1曲ずつおこなわれた。
プレス・リリースによると、ニュー・アルバムの収録曲はそれぞれの都市のレジェンドがフィーチャーされており、これまでにない実験的なスタイルで歌詞が書かれているそうだ。

なお、現在フロントマンのDave GrohlはHBOで放映予定のドキュメンタリーの監督を務めている。この作品はニュー・アルバムのレコーディングをおこなった各スタジオとそれぞれの都市の音楽シーン、地元のアーティストとのインタビューやコラボレーションの様子が収められた”アメリカの音楽史へのラブレター”のような作品なのだそうだ。
Daveは昨年公開されたロサンゼルスの伝説的なスタジオSound Cityを題材にしたドキュメンタリー映画『Sound City』の監督を務めている。どうやらこの映画がドキュメンタリー及びニュー・アルバムの制作のきっかけになったようだ。(via Pitchfork, CoS)


Update: 記事初出時に本文に一部誤解を招く箇所がありました。訂正してお詫び致します。(5/19)


ウェイスティング・ライト
Sony Music Entertainment(Japan)Inc. (2013-10-23)
売り上げランキング: 8,229

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon