昨年解散したFruit BatsのEric D. Johnsonがソロ・アルバム『EDJ』を8月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

昨年11月に解散したシカゴのインディ・ロック・バンドFruit Batsの中心人物だったシンガー・ソングライターEric D. Johnsonが、EDJ名義でソロ・アルバム『EDJ』を8月5日にEasy Soundからリリースする。
彼の新バンドのコア・メンバーは、YellowbirdのメンバーでもあるSam CohenとJosh Kaufman、Brian Kantor。更に、彼も以前参加していたバンドThe ShinsのJames MercerやCalifoneのTim Rutili、VetiverのAndy Cabic、 Shudder to ThinkのNathan Larsonがゲストとして参加している。プロデュースは、彼の長年のコラボレーターであるThom Monahanが担当している。
プレス・リリースによると彼は普段は曲を書くのに長い時間を要するが、数週間以内にフル・アルバムを完成させるという決意を持ってこのプロジェクトに臨んだそうだ。アルバムは全11曲入りで、現在その中から「Lose It All, All the Time」の試聴が先行公開されている。(via Exclaim.ca)

EDJ – EDJ

Tracklst:
01. For the Boy Who Moved Away
02. Lose It All, All the Time
03. Odd Love
04. Minor Miracles
05. The Magical Parking Lot
06. Salt Licorice
07. A West County Girl
08. Mostly Just Fantasies
09. For Joy
10. Child in the Wild
11. The Mountains on Fire (In the Rearview)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon